インディカー オープンテスト

thumbnail image AUTOSPORT Web

テスト初日で感じたチップ・ガナッシのチーム力。「前のチームと比べていろいろな答え合わせができた」と佐藤琢磨

 今年で第107回を迎えるインディアナポリス500マイルレースの決勝を5月28日に控え、そのオープンテストが4月20、21日の両日インディアナポリスモータースピードウェイで行われた。 21日が雨予報のため、初日タイムスケジュールを1時間30分延ばした1日目のプラクティスだった。 チップ・ガナッシ・レーシングからエントリーする佐藤琢磨はカーナンバー11のマシンに乗ったが、カラーリングはアメリカン・リージョンのスポンサーカラーのまま。第3戦ロングビーチ直後でもあり、すぐに第4戦のアラバマが控えていることもあって、そのままマシンをスーパースピードウェイ仕様に変更している。 アメリカンリージョンカラーで走った琢磨  琢磨が乗るインディ500仕様のリバリーは5月にお披露目される予定だ。 琢磨にとっては今年最も大事なレースとなるインディ500。2017年、2020年に続いて三度目の制覇をするため...