クプラ・ボーン

thumbnail image BMW i4

独自規定の電動ツーリングカー選手権を目指すSTCC、生産遅延を経て2024年まで導入延期へ

 今季2023年より完全電動化を表明していたSTCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権は、初年度のグリッドに並ぶ全12台の新開発BEVレースカーの生産に遅れが続いていることを受け、次世代車両による新シーズン開幕を2024年まで延期する苦渋の決断を下した。 各種EVコンポーネントの「製造遅延」によりカレンダー改訂を実施し、初年度は9月開幕の全3戦“短期集中決戦”に改めていたSTCCだが、その後もバッテリーシステムに関連するサプライチェーンの問題により納入が進んでいないことなどから、2023年“短縮版”シーズンそのものの開催も見直しを迫られることとなった。 その次世代車両は、STCCの強豪PWRレーシングが運営する研究開発部門『EPWR』社が開発する電動パワートレイン“Kit(キット)”を組み込む計画で、最高出力550PS想定のモーターにより0〜100km/hは3秒以下、最高速も30...
thumbnail image Cupra Dealer Team PWR Racing

独自規格のEVシリーズ変貌を急ぐも、製造遅延で日程改訂。9月開幕全3戦の集中決戦に/STCC

 6月中旬にユンビヘッド・パークことユンビヘッド・モートルバナで公式テストを予定し、今季2023年より完全電動化を表明していたSTCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権は、各種EVコンポーネントの「製造遅延」により、さらなるスケジュール改訂を実施すると発表。各タイムラインは数カ月単位で影響を受け、初年度は9月開幕の全3戦“短期集中決戦”に改められる。 新たにBEVシリーズに生まれ変わることを表明した2023年のSTCCでは、エントリー枠を限定した各陣営3台体制、全4チームでの争いとなり、選手権参戦表明1番乗りのエクシオン・レーシングによる『BMW i4』を筆頭に、新興のチーム・オートラウンジ・レーシングはフォルクスワーゲンの電動ブランドから『ID.3』を、ブリンク・モータースポーツはTCR時代のアウディから『テスラ・モデル3』にスイッチ。そして強豪PWRレーシングはセアト・ディー...
thumbnail image クプラ・ボーン

強豪PWRレーシングが参戦発表。STCC電動化初年度にダールグレンを伴い3台の『クプラ・ボーン』を投入

 今季2023年より完全電動化を表明し、新たにBEVシリーズに生まれ変わるSTCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権に向け、強豪PWRレーシングが大トリでの参戦体制を発表。シリーズコミット表明4番目、かつ最後のチームとして“4冠”エースのロバート・ダールグレンを擁し、引き続きCUPRA(クプラ)ブランドを代表して新型EV『CUPRA Born(クプラ・ボーン)』の3台体制で挑む。 すでに参戦表明済みのエクシオン・レーシングと『BMW i4』を筆頭に、新興チーム・オートラウンジ・レーシングはフォルクスワーゲンの電動ブランドから『ID.3』を、同じくブリンク・モータースポーツは『テスラ・モデル3』の投入をアナウンスしているが、予想どおりPWRも“セアト・ディーラー・チーム”として戦ってきた歴史も踏まえ、引き続きクプラとともに、この新時代のチャンピオンシップタイトル獲得を狙うと宣言した...