マーロ・エンゲル

thumbnail image 2023 ニュルブルクリンク24時間

昨年Wポディウムの強豪ゲットスピード、“グリーン・ヘル”オマージュの特別カラーを披露/ニュル24時間

 メルセデスAMG・チーム・ゲットスピードは、今週末にドイツのニュルブルクリンク北コース(ノルドシュライフェ)で行われるニュルブルクリンク24時間レースに、サーキットの愛称である“グリーン・ヘル(緑の地獄)”への敬意を表した特別カラーリングで参戦することになった。 この緑と黒のカラーリングは、アーティストのアンドリュー・ミルトがデザインし『グリーン・ヘルの野獣』というニックネームで呼ばれているもので、5月17日水曜日にニュルブルクリンクで公開された。ジュール・グーノン/ダニエル・ジュンカデラ/マーロ・エンゲルというファクトリーラインアップがドライブする、3号車メルセデスAMG GT3 Evoに採用される。特別カラーでニュル24時間に参戦する、ゲットスピードの3号車メルセデスAMG GT3のルーフ部分 ゲットスピード・パフォーマンスは地元チームのひとつに数えられ、ノルドシュライフェのド...
thumbnail image 海外レース他

“新体制”DTMのプレシーズンテスト、初日欠席のエンゲルが最速。BMW駆る現王者は2番手

 DTMドイツ・ツーリングカー選手権がADACドイツ自動車連盟傘下に入り、新たに組織改革が行われての開催となる2023年。さまざまな事務・行政手続きや旧DTMとADAC GTマスターズとの調整などで、今季は例年よりも約1カ月遅れの5月27~28日にオッシャースレーベンで開幕する運びとなった。 その開幕ラウンドに先立ち4月15日(土)から16日(日)の二日間にわたり、新生DTMとして初の公式テストがオーストリアのレッドブルリンクで実施された。■ガソリン価格が倍増! テストは前日14日(金)の搬入日にふたたび冬に舞い戻ったかのように寒波が到来し、積雪もあったため開催自体が危ぶまれた。しかし、テスト両日は厚い雲に覆われていものの時折晴れ間も見える天気となり、すべてのセッションがスリックタイヤでの走行となった。 なお、タイヤに関しては昨季2022年までのミシュランのワンメイクから供給メーカー...
thumbnail image ダービッド・シューマッハー

メルセデスAMG、2023年のワークスドライバー計18名を発表。シラーとグルニエが内部昇格

 メルセデスAMGは4月4日、同ブランドを代表する2023年度のファクトリードライバーを発表した。このなかで前年までジュニアドライバーであったファビアン・シラーとミカエル・グルニエが、メルセデスAMGの“パフォーマンス”ファクトリードライバーに昇格することが明らかになった。 メルセデスAMGのジュニアドライバーイニシアティブを卒業したふたりは、ドイツメーカーが設ける3つのレベルシステムの最上位に位置する11人のラインアップの一部を構成している。 同社は火曜日、2023年シーズンに向けて契約した18人のワークスドライバーを発表。5人のジュニアとふたりのエキスパートが、ファクトリーの“パフォーマンス”ドライバーの主要メンバーを補完した。 AMGワークスドライバー・ラインアップの中で継続メンバーは、昨年契約したルーカス・アウアーとフィリップ・エリス、そしてマーロ・エンゲル、マキシミリアン・...